インドアサイクルなブログ

主に自転車関連のレビューやインプレ記事を気ままに書いています。たまにその他のネタも。

ブライトン Rider860注文しちゃいました

少し話題になっていたブライトンのRider860がついに発売されるようですね。

www.cyclesports.jp

ユーロバイクで発表があってから、出たら買おうと思っていたので、サイクルスポーツさんの記事を確認して、行きつけのショップで予約してきました。

実際にお店に並ぶのはは2月28日前後だそうです。

 

メーカーのホームページを見れば、性能について大体のことがわかると思いますし、日本語版はありませんが、すでにRider860のユーザーマニュアルが出てるので、調べれば割と詳しいこともわかると思いますが、せっかくなので軽く紹介を。

 

 

まず、ざっくりとした特徴ですが、

・ブライトン初のカラー&タッチディスプレイ(静電容量式)

・ディスプレイは2.8インチ(ガーミンのEdge530 & 830は2.6インチ)

・値段は、サイコン単体で3万6千円(Edge530より少し安い)

      ※センサーキットで4万5千円

 GPS,GLONASS , BDS , QZSS,Galileoに対応

・ナビ機能が進化

・バッテリー駆動時間は公称16時間(Edge530 & 830より4時間短い)

 

 

 

やはり一番大きいのは、カラー&タッチスクリーンになったところではないでしょうか。

特にマップに関してはモノクロだとあんまり使いものにならない事を実体験済みなので、かなり期待しています。

f:id:IndoorCyclist:20181118015555j:plain

これがブライトンのモノクロのナビです。知ってる土地なら何とかなりますが、見知らぬ土地だとあまり使い物になりません。

 

一方、Rider860のHPの写真をみると、道の名前だったり、あと何mで曲がるのかも教えてくれるっぽいです。見た感じ車のナビっぽいですね。

f:id:IndoorCyclist:20200205113453p:plain

(写真はブライトンのメーカーページより引用)


タッチパネル方式も新しいです。

ガーミンだと830と1030しかタッチパネル式は採用していないので、Rider860は830あたりを意識して作られたのではないでしょうか。

名前も似ていますし(笑)

ただ、静電容量式というタッチパネル方式を採用してるので冬用の指まで覆うグローブとかだと操作できないかもしれません。

 

あと気になるのは、バッテリー持続時間ですね。Edgeが20時間なのに対して、16時間というのは少し短い気もします。

ただ、どういった設定の時に16時間持つのかわからないので、現状は何とも言えません。手元に来てから検証したいと思います。

 

 

Edge530と同じくらいか少し安いくらいで、ディスプレイはEdge830と似ているので、ターゲットとしては、Edge530とEdge830の間のグレードが欲しい人を狙っているのではないでしょうか。

 

とにかく届いたら、なるべくすぐにレビューしたいと思います。

気になるけど、様子を見たいという方はそちらもご参考にしてみて下さい。

もっと情報が欲しい方は、brytonsport.comのページ(特にユーザーマニュアル)を見れば大体のことは把握できると思います。

 

では届くのをお楽しみに…