インドアなサイクリストのブログ

主に自転車関連のレビューやインプレ記事を気ままに書いています。たまにその他のネタも。

スポンサーリンク

Bryton AERO60 その後

 

数か月前にBrytonのAERO60の記事を書いてからいくつか変わったところがあったり、長期間使っていて感じたことがあったので、その辺を追加で書きたいと思います。

 

ポイント① eTAPやEPSにも対応するようになった

今までは表示項目の中にシマノのDi2の項目しかなかったのですが、アップデートがあり、eTAPやEPSについてもそれらしき項目が追加されていました。

ただ私eTAPもEPSも持っていないので、確かめようがありません笑

とりあえず、サイコンに項目を表示させることはできるので表示させてみました。

f:id:IndoorCyclist:20190423025803j:plain

これが新たに追加された項目です。

「ギア」の項目が数字だけになっていますが、項目数をへらすと下の「Fギア」や「Rギア」みたいにスプロケの表示も出てきます。

ただ、「ギア歯数」と「ギア比」について、ギア歯数を入力する設定がないので本当に使えるかは不明です。もしかして自動で認識してくれるのでしょうか。

 

ポイント② スマホアプリが新しくなった

以前記事を書いた時には、「bryton mobile」というアプリがログをみたりサイコンの設定をいじれるやつだったのですが、これがかなり使いにくい代物でした。

使ってみた感じPC版をそのまま移植してきた感じのようでマウス操作前提なのかタッチ操作だと動かなかったり、長押しするとなぜか「コピー」というコマンドがでてきたりと、さんざんだったのですが、最近新しくbryton activeというアプリが出てきました。これは、bryton mobileの後継アプリです。そのため、どうやらモバイルの方は削除されたらしく、アプリストアでbrytonと検索するとbryton activeしか出てきませんので、以前の記事を見ている方はご注意ください。

f:id:IndoorCyclist:20190423031512p:plain

で、肝心の使い勝手ですが、以前よりかは各段にスマホ向けらしくなっています。

f:id:IndoorCyclist:20190423031907p:plain

アプリを開くとログ画面が出てきます。(黒く塗りつぶしてあるのは、ランのタイトルと日にちです。)

で、タイトルをタッチすると個別のランのログ画面に移動します。

f:id:IndoorCyclist:20190423033040p:plain

個別ログの最初の画面では走ったルートやアベレージなどが確認できます。(不自然に上半分が黒いのは身バレ防止のためです。ご了承ください。本当はここにマップと走ったルートが表示されます。)

f:id:IndoorCyclist:20190423032707p:plain

詳細情報ではその名の通り最大値など詳細な情報が確認できます笑

f:id:IndoorCyclist:20190423032659p:plain

ラップのページは本来であらば棒グラフがラップ分立っているはずなのですが、ラップ設定をしていないので、こんな物寂しい画面になってしまいました笑

f:id:IndoorCyclist:20190423032651p:plain

分析では、高度、速度などの折れ線グラフを重ね合わせて確認することができます。

f:id:IndoorCyclist:20190423032639p:plain

また本来であれば、心拍数やパワーのゾーンも表示されるのですが、私はつけていないので表示されません。

f:id:IndoorCyclist:20190423033940p:plain

設定画面もかなり使いやすくなったと思います。
ただすこしわかりづらいのが、ルートや設定をスマホと同期させたい場合は、設定画面にあるサイコンのアイコンをタッチしなくてはいけません。

これは気づきにくかったです。

あと自分はほとんど使っていないので載せられる写真がないのですが、コースのページではルートの作成やルートファイルのダウンロード、ワークアウトの作成、ストラバの設定ができます。

プロフィールでは自分のアカウント、体重や身長、FTPなどの設定を行います。

使ってみた感想としては、以前のよりだいぶ使いやすく改善されたと感じました。

 

 

ポイント③   スピードセンサーがおかしい

上のログの写真の中に最大速度56km/hとの表示がありますが、詳しく見てみるとどうやら上りで出したことになっていました。

これは間違いなくありえません。その時シッティングで登っていた覚えがあるので、もしこの値が本当なら、割と化け物じみてます笑

ここには載せていませんがほかにも不自然な値がいくつかあるので、恐らくセンサーの問題だと思うのですが、これはAERO60すべてに共通することなのでしょうか。それとも私が外れ個体を引いたか故障しただけなのでしょうか。

誰か知ってたら教えてください。

 

ポイント④  なぜかデータが飛ぶ

2回くらいあったことなのですが、サイコンで記録しながらランに出かけ、帰ってきてサイコンの電源を消すと、その時走ったログがきれいさっぱり消えていました。

多分バグな気がします。先日、サイコンのアップデートファイルが来たので、それで改善されていればよいのですが…

 

ポイント⑤ 割とマップ機能が便利

以前マップはスマホで十分と言っていたのですが、ナビをスタートさせていなくてもマップは表示することができて、今どの辺にいるか、どの曲がり角を曲がればいいのか、迷子ではないけど、ちょっとマップを見たいというときにかなり役に立ちました。

あと、マップ画面ではマップのほかにも2項目ほど表示ができるので、自分はマップ画面に速度と距離を表示するよう設定して割と高頻度で使用しています。

 

 

今のところ(2019年4月)新しく感じたのはこのくらいです。

きっと今年中にはパワーメーターが届くはずなので、パワーメーターを使ってみたらまた新しいことがわかるかもしれません。その時はまた記事にします。

では。

 

 

スポンサーリンク