インドアサイクルなブログ

主に自転車関連のレビューやインプレ記事を気ままに書いています。たまにその他のネタも。

中華カーボンボトルケージ

先日自転車のメンテナンスをしている際に、誤ってボトルケージを破壊してしまいました…

 

そんなに高くないパーツですが、壊してしまうとショックですよね。

ショックのあまり写真とるのも忘れました。

 

で、さすがにこれから暑くなるのにボトルケージ1個だけというのは中々デンジャラスなので、新しいのを買うことにしました。

 

今までつけていたのは、プラスチック製だったので更なる軽量化を見込んで、カーボンにしようと探したのですが、どれも高い。

安いものでも1個5000円以上しますので、お財布的に無理。

大人しくプラスチック製にするかと思ったとき、「そうだ、中華製があるじゃないか。」と思いつきました。

で、おなじみのAliexpressで「caron bottlecage」と調べて、注文数が一番多いものを買うことにしました。

それがこちら。

f:id:IndoorCyclist:20190423020544p:plain

 片方で16g!  

十分すぎるくらい軽いです。

で、ポチってから、2週間後いつも通りに到着。カーボン製品なのでどのように届くのか気になっていたのですが、

f:id:IndoorCyclist:20190423015900j:plain

まさかの簡易包装。この上に袋がかぶさっていましたがそれもペラペラ。

破損していないかちょっと心配していましたが、開封してみると

f:id:IndoorCyclist:20190423015906j:plain

おぉ!賢い!

ボトルケージの間に緩衝材を入れて変形しないようになっていました。

おかげで傷や破損は見られませんでした。

 

気になる重量は、

f:id:IndoorCyclist:20190423022120j:plain

あれ?6gも商品説明と違う…

まあ中華製だからセラーが発表している値を信用しちゃだめかと思ったのですが、

取り付け用のねじだけを計測してみると

f:id:IndoorCyclist:20190423015926j:plain

なんと6g!

どうやらサイトにあった16gというのはケージ単体の重さだったようです。

 

 

で、さっそく取り付け。

このとき、車体もケージもカーボン製なのでトルク管理に気をつけなければいけません。

f:id:IndoorCyclist:20190622010647j:plain

f:id:IndoorCyclist:20190622010746j:plain

気になる使い心地はいいのか悪いのかはわかりませんが、特に壊れやすそうとかは感じられませんでした。

これで2000円ちょいというのはコスパがいいですね。

一つ問題があるとしたらロゴですかね…かなりアウトに近いグレーな感じです。

商品ページだと全然違うロゴなので、大丈夫と安心していたのですが…

そこだけ気にならないなら、軽量化を考えている方にももちろん、普通にボトルケージが欲しいという人にもありなチョイスではないでしょうか。

 

カーボンボトルケージ 2セット