インドアサイクルなブログ

主に自転車関連のレビューやインプレ記事を気ままに書いています。たまにその他のネタも。

Bryton aero60(ブライトン エアロ60) レビュー④(地図編)

※この記事を書いてから数か月後のレビュー記事

 

indoorcyclist.hatenablog.com

 

 

 

レビュー⑤

indoorcyclist.hatenablog.com

 レビュー③

indoorcyclist.hatenablog.com

 

 

インプレやるやるといいつつ2週間ほどが経過してしまいました…

コメントを下さった方をはじめ、気になっていた方には申し訳なく思います。

スミマセン  m(_  _)m

 

というわけで、一番重要な部分であろう地図、GPS、バッテリーなどなど実走で気づいたことをレビューしていきたいと思います。

 早速、実走と行きたいところですが、その前にaero60にルートを入れてみました。

手順①「ルートラボ」からルートをダウンロード

一応、Brytonのアプリや専用ページからもルートを作れるのですが、圧倒的にヤフーのルートラボの方が使い勝手がいいので、自分はルートラボを使ったやり方を説明します。

とりあえず、地図を描いて保存したら、マイページより「ルートのダウンロード」の「GPX」を選択してダウンロードします。(ルートラボの使い方は調べたら簡単に出てきますので、ここでは割愛します)

f:id:IndoorCyclist:20181118011350p:plain

 

手順②サイコンにダウンロードする

ダウンロードが完了したら、おそらくPCのダウンロードフォルダにGPXファイルが入っているので、それをサイコンに落とします。

とりあえず、サイコンをPCにつなぎます。すると、

f:id:IndoorCyclist:20181118011832j:plain

「BRYTON」という選択肢が出てくるので、先ほどのGPXファイルを右クリックして「切り取り」を選択後、「BRYOTN」の「ExtraFiles」をクリックして貼り付ければ完了です。

(ちなみに自分はサイコンとPCをUSBケーブルで繋いでいるのですが、どうやらサイコンとケーブルの相性があるみたいで、PCに認識される場合とされない場合があるので、認識されない場合は違うケーブルで試してみてください)

 

手順③サイコンで地図を表示

ダウンロードが完了したらPCからサイコンを引っこ抜いて、サイコンの右側面の下のボタンを押してメニューを開いたら、「ルートナビ」を選択。

「見る」「削除する」「全削除」とあるので、「見る」を選択すると、ダウンロードしたファイルが出てきます。ちなみに私の場合はこうなりました。

f:id:IndoorCyclist:20181118012842j:plain

歯医者に行く用事があったので、ついでに試しに歯医者までの道のりもいれてました笑

今回は「実験」のほうを選択します。

f:id:IndoorCyclist:20181118013123j:plain

すると、こんな画面になるのであとはOKを押せばルート案内が始まります。

 

このまま実走編にはいると長くなりそうなので分割します。記事が多くなってすみません。

では。

(この記事の続き)

 

indoorcyclist.hatenablog.com